So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

プッシュバックシーンのリアル化 その④(vPilotの設定) [FSX Tools]

相変わらずプッシュバックシーンの音環境を整える、というタスクを進めてます。 

①グランドさん VoiceAttackでOK
②プッシュバック VoiceAttackとコマンド選択機能でOK
③キャビンアナウンス SIOCで作成
④ATC VATSIM環境を整備

ということで、ほぼ③はできてきたので今回は④になります。

難儀しました。。。

そもそもSquawk Boxを長いこと使っていたので、そのサイトにアクセスできなくなってる理由がわからずそこでまずしばしスタック。

調べてみたらvPilotに移行したんじゃ?という海外forumの回答を見てやってみることに。

■vPilot
http://vpilot.metacraft.com/

まず、クライアントPC(超旧式のXPノートPC)にvPilotをインストール。
問題なくOK。

起動するとエラー。
なんだかややこしい複雑なエラー(内容忘れた)が出ます。
要件にMicrosoft .NET Framework3.5と書いてあるので、ここは慌てずインストール。
https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=21

起動→エラー。

今度はsimconnect が見つからないというエラー。

こちらに解決方法が書いてありました。
http://vpilot.ashigaru.jp/Documentation.html

P3DのフォルダにSimConnectのファイルがあるからこれをインストールせよとのことで、クライアントPCにコピーしてインストールします。

SimConnect格納フォルダ
C:\Program Files (x86)\Lockheed Martin\Prepar3Dv2\redist\Interface\FSX-SP2-XPACK\retail\lib\SimConnect.msi


よし、これで大丈夫だろうと思って起動。

エラー。。。(T_T)

やっぱり同じエラーが出ます。

同じワークグループでないとwidefsは動かないとのことでネットワーク設定を変更。再起動。

今度は、「No supproted flightsimulators were detected!」と出ます。

えー、これはなんか絶望的なエラーでは?
と思い、P3Dが入っているメインPCでvPilotを起動すると問題なく起動できた。
ということはサポートはしてるので、何かがおかしい。。。

ググってみるとありました。
http://vpilot.metacraft.com/Documentation2.aspx#networking

メインPCにもvPilotをインストールしてHost Modeで起動。
リモートPCではvPilotをRemote Modeで起動せよ、とのことです。
Hostアドレスは、メインPCのを入れてやればOK。

Squawk BoxはWideFSが入っていれば、クライアントで起動するだけと簡単なので勝手が違って難儀しました。。。

Host Mode(メインPC上)
vp_host.png

Remote Mode with VOICE(リモートPC上)
vpremote.PNG

これで一応環境は整ったので、今度VATSIMでクリアランスをもらうところからキャビンアナウンス、グランドさんへのプッシュバックリクエストを流れでやってみようと思います。



プッシュバックシーンのリアル化 その③(SIOC) [SIOC]

キャビンアナウンスはFS Keeperを購入しようと思ってましたが、先日fuji3さんから「piyochanさんが作ったのがあるじゃない!!」と、ご助言をいただきまして、SIOCで実現する方向で勉強しはじめました。

SIOCプログラムを提供してくださったpiyochanさん、気づきを与えてくださったfuji3さんありがとうございます。

早速、piyochanさん作成のプログラムを確認しますが、全然わからなーい!(^^;

ので、基礎からじっくり勉強することに。
以下のURLとpiyochanさんのプログラムを見ながらまずは、シンプルなプログラムを組んでみました。
http://www.lekseecon.nl/howto.html#sound


■プログラムの流れ
1.FSUIPCからプッシュバックステータス(オフセット$31F0)を取得する。
2.プッシュバック中だった場合、指定したwavファイルを再生する。

流れとしては非常にシンプルなので、これをプログラミングしてみます。


■プログラム
Var 9000, name SoundPlay, Link SOUND
 ⇒sioc.iniのサウンドモジュールを呼び出す。(Soundモジュールを呼び出し、SoundPlayに入っている数字の番号に設定されている音源を再生する)

Var 9001, name StatusPushback, Link FSUIPC_IN, Offset $31F0, Length 4
 ⇒FSUIPCのオフセット$31F0の値をStatusPushbackに入れる。
{
IF &StatusPushback <> 3
 ⇒もしStatusPushbackが3でなかったら、(プッシュバック中だったら)
{
&SoundPlay = 1
   ⇒SoundPlay変数に1を入れる。
}
}


■SIOC.ini
SIOCのinitialファイルでは、音源番号と音源ファイル名を宣言しておきます。

[************** SOUND MODULE ***************]
Sound_disable=No
Volume=100
[ #1 ]
Sound=03_aisatsu2.wav,-1,-1,-1
⇒音源番号1が呼び出されたら、このwavファイルを再生する。


という、非常にシンプルなプログラムを実行すると以下のような感じになりました。



piyochanさんのプログラムを拝見する限り、恐らくその他にも状況を判断するためのパラメーターを組む必要がある(再生中は他のを鳴らすなとか、飛んでる最中はダメとか)と思うのですが、おおよそ組み方はわかりました。

せっかくなので、勉強がてらその他状況ごとの音声再生についても自分で組んでみようと思います。



プッシュバックシーンのリアル化 その② [FSX Tools]

引き続きプッシュバックシーンのリアル化に向けて検討中です。

■要件と対策案
①ATCからプッシュバック許可をもらう → VATSIM(今回は未実装)
②グランドさんにプッシュバックを依頼する → VoiceAttack
③キャビンアナウンスを自動化する → FS Keeper
④プッシュバックを自動ターンさせる → Pushkun

以上、4つの組み合わせでとりあえず組んでみました。

※音源はYoutubeから以下のものを拝借させて頂いております。
https://www.youtube.com/watch?v=yXsV5sLDrhI&t=16s


何はともあれ動画はこんな感じになります。


操作手順、タイミング、音量、内容などまだまだ調整が必要ですが、ひととおりやりたいイメージはできました。

1.VoiceAttack
va02.png

グランドさんとの会話はこれで実現してます。
何と言った時に、どの音声を流すか、というのを設定しただけです。
ちなみに、音源は自分で録音して編集してます!
意外と自分の声じゃないみたいにできたのでまぁ、満足(^^

ちなみに、プッシュバックのShift+Pも声に反応して入力させてます。

2.FS Keeper
keeper02.png

どの状態(FSUIPC経由)になったらどの音源を流すか、というのを設定しただけです。
これも設定は簡単。

3.Pushkun
インストールして距離と角度だけ設定してます。

VATSIM接続はまだやってないので、これにのっけることになるわけですが、かなり忙しくなります。
さらにCheck Listの確認も始めるとすごい忙しさですね。

この忙しさに近づけられるように調整を続けようと思います!

つづく。(^^



プッシュバックシーンのリアル化 その① [FSX Tools]

コックピット作ってからスポットで準備してプッシュバック、エンジンスタートという手順を踏むのが楽しくてよくやってますが、少し環境を変えようと思いいろいろ試行錯誤中です。

まずプッシュバックは、Prosim CDUのグランドサービスメニューにあるプッシュバックを使ってたんですが、これは自動的にターンしてくれないんで不満でした。

また、ATCはVATSIMで実現できますが、グランドさんとの会話ができないし、キャビンアナウンスもありません。
このグランドさんとの会話、キャビンアナウンスといったあたりも実装して、コックピット内の忙しい時間をよりリアルにしていきたいと思います。



まずすぐに思いつくのは、FSDreamTeamのGSXを使えばプッシュバックは自動化できそうです。
グランドさんとの会話はFS2CREW、キャビンアナウンスはJfltcrw(有志で作成された無償アドオンでP3Dにも対応したらしい!)で実現できそう。

・GSX
https://www.fsdreamteam.com/products_gsx.html

・FS2CREW
http://www.fs2crew.com/cart/categories/Prepar3D-Version-2%252b/

・Jfltcrw
http://www.flightinfo.jp/FSdyna-J/jfltcrwpro/ProTop.htm

ただし、以下の条件をつけるといずれも微妙に自分の要件に合わない。。。
・H/Wで作ったコックピットなので、PC(マウス等)を触らずに扱えるものがいい。
・好きなタイミングで好きな音源を流したい。
・フライトモデルはProsimのJetstreamを使いたい。
・なるべく安く(笑)

そこでいろいろネットを探索した結果、以下のソフトを発見!!

・FSKeeper
FSUIPCで状態をモニターし、好きなタイミングで好きな音源を再生できる。(その他機能多数)
http://www.flightkeeper.net/

モニターしたイベント例↓
keeper.png
これらすべてのイベントに対していろんな音声が流せます。

・VoiceAttack
マイク音声を認識してコマンド入力や音源再生などができる。(20コマンドまで無料)
https://voiceattack.com/

音声認識設定例↓
voice.png

VoiceAttackは音声でアプリが起動できたり、マウスを動かせたりするのでかなり応用範囲が広く、ソフトも洗練されているので使い込むといろいろできそうです!!

・Pushkun
プッシュバックの距離、角度を設定しておくと自動でターンするアドオン。なんと状態認識で音声再生もできます。
(個人の方が制作、配布されていらっしゃいます)
http://www003.upp.so-net.ne.jp/BackyWorks/PushkunX.htm


ということで、上記をうまく組み合わせてプッシュバックまわりのリアル化(?)を進めて行こうと思います。
H/W工作は最近やる気ないのでしばしお休み・・・(^^;


羽田空港 都心低空ルートのシミュレート [Flight Log]

先日発表になりましたが、どうやら国交省が羽田の都心上空ルートの利用を決断したようです。

16Lと16RのILSアプローチを導入して離着陸回数を増やそうという目論見です。
オリンピックにかこつけて騒音問題をクリアしてしまおうということでしょうか(笑)

早速どんなルートになるのかシミュレーターにILSを導入して飛んでみます。
手順としては以下の通り。

①Prepar3D SDKダウンロード&インストール
http://www.prepar3d.com/support/sdk/

②ADEダウンロード&インストール
http://www.scruffyduck.org/

③ADEで羽田空港の空港ファイルにILSを追加

手順は以下動画参照。


で、Google Earthでチェックしてみます。

新宿周辺
ちょうど副都心のビル群と明治神宮を挟むようにアプローチしていきます。
s_shinjuku.jpg

都庁からの眺め(想定)
両サイドをアプローチしていくようです。
s_tocho.jpg

品川周辺
16Lへのアプローチがちょうどビル群の真上を通過。
s_shinagawa.jpg

我が家からの眺め
新宿方面を眺めるとアプローチしていく機体が眺められそうです。
s_wagaya.jpg

これはなかなか楽しみですねぇ。

羽田には16側にILSのアプローチライトを設置するスペースなさそうですがどうするんでしょうか。

羽田周辺のチャートも大きく変わりそうですし、久しぶりの激変っぷりが楽しみです(^^


FLAP Gauge復活 [Home Cockpit Building]

先日、fuji3さんが早速servoカードを送ってくださったので、FLAP Gaugeの復活作業です。

新しいServoカードに取り換えてみたものの、サーボがうんともすんとも言いません。
これはサーボも逝ったか。。。

ということで、新調することに。

HS-55は2,000円くらいするので他にないかなーと探してたらSG90という400円で販売しているサーボがあるじゃないですか!

というわけで早速購入。

s_DSC_6866.JPG

サイズも大丈夫そうだなーと思ってギアを取り付けようとしたらなんと軸のサイズが微妙に違う。。。

s_DSC_6872.JPG

なんでいちいちサイズ変えるんだろ。

仕方なく、壊れたHS-55の軸をSG90の軸と交換しようと分解したところ、、、
s_DSC_6873.JPG

はい。
修復不可能になりました(笑)

早速おじゃんです。

で、先日OVHDパーツを購入した際にOXYGEN PRESSUREゲージにサーボがついていたのを思い出して、このサーボ(SG90だった)とギアをそのままFLAPに移植することで解決しました。

もちろんOXYGEN PRESSUREゲージがダミーになってしまいましたが、FLAPゲージの重要性に比べたら屁みたいなもんです。(素人には)

結局我が家のFLAPゲージは、

・Opencockpitsで新品購入
・サーボのプラスマイナスを間違えてHS-55を新調
・サーボカード電源のプラスマイナスを間違えてサーボカードを新調
・SG90を新調するも1つ破壊

ということで、1.4万円くらいかかってしまったという。
もう1つ新品買えましたねっていう話です(笑)

もう壊したくないので触りません。

はぁ。。。


Servoカード壊した。 [Home Cockpit Building]

まーたやっちまいましたよ。。。

今度はOpencockpitsのServoカード。

この前プラスマイナス間違えてモーターを買い替えてそのまま放置しててよーやく接続しようと思ったら今度はServoカードの電源の向き間違えた。。。(T-T)

接続してセットアップしようとしたらなーんかこげついた嫌な臭いが。。。

焼けてましたね、はい。

s_DSC_6865.JPG

また買わなくちゃー

この前ロータリースイッチを買うためだけに送料払ったばっかりなのに・・・。

送料どんだけ払えばいいんだよまったく・・・。

萎える・・・orz


Opencockpits IRSスイッチパネルの作成 [AFT Overhead Panels]

IRSのディスプレイが準備できましたので、次にIRSのスイッチパネルに取り掛かります。

これは、アナウンシエーター9個とロータリースイッチ2個で構成されてます。

Opencockpitsの仕様だと、9個のアナウンシエーターは全てAMBERなんですが、いや、何か違う色のがあった気がする、、、と思って調べてみたらやっぱり白が2個ありますよね?

04.jpg
(C)Simworld

・・・ということで、5mm、砲弾型、白で、Vfが2VくらいのLEDを探そうと思ったんですがこれが見つからない。
白ってVf 3.1Vが標準なんでしょうか。

outputsカードの電圧を調べてみると、3.98Vでした。

s_DSC_6801.JPG

なので、Vfが3.1VのLED2つは無理ですね。

どうしようか悩みましたが、手元の高輝度白LEDがあるのでこれ1つで作ってしまうことにしました。

Amberの7個をはんだ付け。
s_DSC_6787.JPG

高輝度白色LEDをはんだ付け。
s_DSC_6835.JPG

横にいるのはCRDです。

AFT40pinのinput/output用ケーブルは全部使わないので未使用部分を切って引っ張り出し、inputcard、outcardにそれぞれ接続して、そこからアナウンシエーターに供給することにします。

s_DSC_6802.JPG

3pinコネクタは自分で買います。
https://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/detail.php?code=8AY2-CKJL

こっちがコンタクトピン。
https://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/search.php?k3=0&list=2&code=8A32-B6KT

で、アナウンシエーター設置完了
s_DSC_6842.JPG


点灯。

s_DSC_6836.JPG

s_DSC_6841.JPG

うーん。いいですねやっぱりLEDは。


白は1灯ですが明るいので他と遜色ないですね。
いい感じです。

次はIRS関連のSIOCをまとめてきれいに作ります!

これで、IRSのアライン操作ができるようになるわけですね(^^

Opencockpits IRSパネル その4 ~バックライト~ [AFT Overhead Panels]

Opencockpits IRSパネルですがバックライト装備されてました。

パネルをあけてみるとLEDが仕込まれてます。

s_DSC_6762.JPG

パネルの方はちゃんとLEDを埋め込めるような穴も空いてます。
今回買ったその他のパネルにはこの穴が空いてないので自分で開けねばですかね。。。

opencockpitsのサイトでIRSモジュールのConnection Diagramをチェックしたところバックライトの入力もありました。

led diagram.png


コネクターのNo.7がGround、No.8がPowerとのこと。
2.9V以下じゃないと破損するぞ!とマニュアルに脅しがあります。

29v.png


まずは電圧制限にびびってIRSに直接乾電池(1.5V×2)を接続してみました。

s_DSC_6776.JPG

問題なく点灯しますが、ちょっと暗いかなーという気が。

次に、多少の電圧オーバーなら大丈夫だろうと腹をくくってFDSのバックライトパネルからアナウンシエーター用に供給されている5V電源を接続してみました。

s_DSC_6777.JPG

3Vより明るいです。
これで行きたいんですが、電圧制限が気になります。
このまま使うと壊れるのかなー。このIRSの回路にどんな抵抗が入っているのかわからないのでどうしたもんかと。


次にAFT OVHDパネルにはバックライトの明るさ制御用にOpencpockpitsで販売しているUSB Dimmerを接続する部分があるので、ここから電源を接続してみることにします。

dim diagram.png

USB Dimmerは4000円くらいするので高くて買ってませんが、探してみると定電圧のPWMコントローラーが540円で売ってました。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/vshopu/215x-2801.html

s_DSC_6770.JPG

早速購入してFDSのバックライトパネルに入っている5V電源をこのコントローラーに接続、AFTボードのDimmerから電源を供給したところこんな感じでバックライトを制御できました。



FDSのバックライトもまだDimmer化していないので、このコントローラーで実装してみようと思います。
これ楽チンですね。

Opencockpits IRSパネル その3 ~SIOCスクリプト~ [AFT Overhead Panels]

IRSのDISPLAYにProsimからデータをもらって表示するところまでスクリプトを書きましたが、「-1」が気になるので、これに対応したスクリプトを追記してみます。

※Piyochanさんのサイトを大いに参考にさせてもらってます。ありがとうございます。
http://piyochan737.blog.fc2.com/blog-entry-20.html


日本語だと、Prosimからもらったデータが「-1」だった場合、表示をオフする。

っていうだけなので、これを追記してみます。

Var 7000, name IRSDISP_R, value 97, numbers 6
{
IF &IRSDISP_R = -1 // IRS右が-1だった場合
{
IRSDISP_R = -999999 // Disp表示をオフ
}
}

実際に表示させてみると。。。

s_DSC_6848.JPG

という感じで、STSが-1になっていたものが表示されなくなりました。

TK/GSは、
s_DSC_6845.JPG

WINDは、
s_DSC_6847.JPG

てな感じで余分な「0」が出てしまいますんで、これも非表示にせねばです。
Windは、107となっていますが、これは10.7knotなので11に丸める必要もあります。

というわけで、処理としては、①-1の処理、②0の処理、③小数点の処理と3つスクリプトで処理してやる必要があるんですね。
理屈はわかったんで、この-1の処理方法を習って、piyochanさんのスクリプトを見ながらぼちぼち書いていくことにします。

というか、そもそも実機ではどういう時にどう表示されるのが正しいのか知らないのでまずはそこんとこ調べねばですね。。。


前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。