So-net無料ブログ作成
検索選択

Opencockpits IRSパネル その3 ~SIOCスクリプト~ [AFT Overhead Panels]

IRSのDISPLAYにProsimからデータをもらって表示するところまでスクリプトを書きましたが、「-1」が気になるので、これに対応したスクリプトを追記してみます。

※Piyochanさんのサイトを大いに参考にさせてもらってます。ありがとうございます。
http://piyochan737.blog.fc2.com/blog-entry-20.html


日本語だと、Prosimからもらったデータが「-1」だった場合、表示をオフする。

っていうだけなので、これを追記してみます。

Var 7000, name IRSDISP_R, value 97, numbers 6
{
IF &IRSDISP_R = -1 // IRS右が-1だった場合
{
IRSDISP_R = -999999 // Disp表示をオフ
}
}

実際に表示させてみると。。。

s_DSC_6848.JPG

という感じで、STSが-1になっていたものが表示されなくなりました。

TK/GSは、
s_DSC_6845.JPG

WINDは、
s_DSC_6847.JPG

てな感じで余分な「0」が出てしまいますんで、これも非表示にせねばです。
Windは、107となっていますが、これは10.7knotなので11に丸める必要もあります。

というわけで、処理としては、①-1の処理、②0の処理、③小数点の処理と3つスクリプトで処理してやる必要があるんですね。
理屈はわかったんで、この-1の処理方法を習って、piyochanさんのスクリプトを見ながらぼちぼち書いていくことにします。

というか、そもそも実機ではどういう時にどう表示されるのが正しいのか知らないのでまずはそこんとこ調べねばですね。。。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

Piyochan

けいすけさん、

作成から随分経ったので、詳細は忘れたのですが、頭に表示される「0」を消すという機能はDisplayカードにはないので表示したい桁数によって7セグの先頭の位置をずらすことで対応したと思います。あと小数であることは無視して大丈夫です。表示する数値の最下位の桁さえ合っていればProsimが小数点のドットをコントロールして点灯させるので問題ないです。
丸めはSIOCにFunctionがあるのできますね。

ちなみに私が作成したときに参考にした、実機でのIRSの動作を説明してあるサイトは、http://digilander.libero.it/andreatheone/irs.htmです。この情報とProsimのソフトウェアAFTパネルの動作とからスクリプトの動きを決めました。
1つ実装できていないのは、Headingの値の入力時に「H」の文字が左にシフトしていく表示方法です。7セグでHが表示できなのであきらめて14セグにHは固定して表示することで誤魔化しました。
by Piyochan (2016-04-19 17:35) 

けいすけ

>Piyochanさん
Displayひとつとっても奥が深いですねぇ。。。
これだけでもちまちまやってたら軽く数か月経ちそうです(笑)
マニアックな情報提供本当にありがとうございます。
ちまちま進めていきます!(^^
by けいすけ (2016-04-19 21:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。