So-net無料ブログ作成
検索選択

プッシュバックシーンのリアル化 その④(vPilotの設定) [FSX Tools]

相変わらずプッシュバックシーンの音環境を整える、というタスクを進めてます。

①グランドさん VoiceAttackでOK
②プッシュバック VoiceAttackとコマンド選択機能でOK
③キャビンアナウンス SIOCで作成
④ATC VATSIM環境を整備

ということで、ほぼ③はできてきたので今回は④になります。

難儀しました。。。

そもそもSquawk Boxを長いこと使っていたので、そのサイトにアクセスできなくなってる理由がわからずそこでまずしばしスタック

調べてみたらvPilotに移行したんじゃ?という海外forumの回答を見てやってみることに。

■vPilot
http://vpilot.metacraft.com/

まず、クライアントPC(超旧式のXPノートPC)にvPilotをインストール。
問題なくOK。

起動するとエラー。
なんだかややこしい複雑なエラー(内容忘れた)が出ます。
要件にMicrosoft .NET Framework3.5と書いてあるので、ここは慌てずインストール。
https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=21

起動。
エラー。

今度はsimconnect が見つからないというエラー。

こちらに解決方法が書いてありました。
http://vpilot.ashigaru.jp/Documentation.html

P3DのフォルダにSimConnectのファイルがあるからこれをインストールせよとのことで、クライアントPCにコピーしてインストールします。

SimConnect格納フォルダ
C:\Program Files (x86)\Lockheed Martin\Prepar3Dv2\redist\Interface\FSX-SP2-XPACK\retail\lib\SimConnect.msi


よし、これで大丈夫だろうと思って起動。

エラー。。。(T_T)

やっぱり同じエラーが出ます。

同じワークグループでないとwidefsは動かないとのことでネットワーク設定を変更。再起動。

今度は、「No supproted flightsimulators were detected!」と出ます。

えー、これはなんか絶望的なエラーでは?
と思い、P3Dが入っているメインPCでvPilotを起動すると問題なく起動できた。
ということはサポートはしてるので、何かがおかしい。。。

ググってみるとありました。
http://vpilot.metacraft.com/Documentation2.aspx#networking

メインPCにもvPilotをインストールしてHost Modeで起動。
リモートPCではvPilotをRemote Modeで起動せよ、とのことです。
Hostアドレスは、メインPCのを入れてやればOK。

Squawk BoxはWideFSが入っていれば、クライアントで起動するだけと簡単なので勝手が違って難儀しました。。。

Host Mode(メインPC上)
vp_host.png

Remote Mode with VOICE(リモートPC上)
vpremote.PNG

これで一応環境は整ったので、今度VATSIMでクリアランスをもらうところからキャビンアナウンス、グランドさんへのプッシュバックリクエストを流れでやってみようと思います。



プッシュバックシーンのリアル化 その② [FSX Tools]

引き続きプッシュバックシーンのリアル化に向けて検討中です。

■要件と対策案
①ATCからプッシュバック許可をもらう → VATSIM(今回は未実装)
グランドさんにプッシュバックを依頼する → VoiceAttack
キャビンアナウンスを自動化する → FS Keeper
④プッシュバックを自動ターンさせる → Pushkun

以上、4つの組み合わせでとりあえず組んでみました。

※音源はYoutubeから以下のものを拝借させて頂いております。
https://www.youtube.com/watch?v=yXsV5sLDrhI&t=16s


何はともあれ動画はこんな感じになります。


操作手順、タイミング、音量、内容などまだまだ調整が必要ですが、ひととおりやりたいイメージはできました。

1.VoiceAttack
va02.png

グランドさんとの会話はこれで実現してます。
何と言った時に、どの音声を流すか、というのを設定しただけです。
ちなみに、音源は自分で録音して編集してます!
意外と自分の声じゃないみたいにできたのでまぁ、満足(^^

ちなみに、プッシュバックのShift+Pも声に反応して入力させてます。

2.FS Keeper
keeper02.png

どの状態(FSUIPC経由)になったらどの音源を流すか、というのを設定しただけです。
これも設定は簡単。

3.Pushkun
インストールして距離と角度だけ設定してます。

VATSIM接続はまだやってないので、これにのっけることになるわけですが、かなり忙しくなります。
さらにCheck Listの確認も始めるとすごい忙しさですね。

この忙しさに近づけられるように調整を続けようと思います!

つづく。(^^



プッシュバックシーンのリアル化 その① [FSX Tools]

コックピット作ってからスポットで準備してプッシュバック、エンジンスタートという手順を踏むのが楽しくてよくやってますが、少し環境を変えようと思いいろいろ試行錯誤中です。

まずプッシュバックは、Prosim CDUのグランドサービスメニューにあるプッシュバックを使ってたんですが、これは自動的にターンしてくれないんで不満でした。

また、ATCはVATSIMで実現できますが、グランドさんとの会話ができないし、キャビンアナウンスもありません。
このグランドさんとの会話、キャビンアナウンスといったあたりも実装して、コックピット内の忙しい時間をよりリアルにしていきたいと思います。



まずすぐに思いつくのは、FSDreamTeamのGSXを使えばプッシュバックは自動化できそうです。
グランドさんとの会話はFS2CREW、キャビンアナウンスはJfltcrw(有志で作成された無償アドオンでP3Dにも対応したらしい!)で実現できそう。

・GSX
https://www.fsdreamteam.com/products_gsx.html

・FS2CREW
http://www.fs2crew.com/cart/categories/Prepar3D-Version-2%252b/

・Jfltcrw
http://www.flightinfo.jp/FSdyna-J/jfltcrwpro/ProTop.htm

ただし、以下の条件をつけるといずれも微妙に自分の要件に合わない。。。
・H/Wで作ったコックピットなので、PC(マウス等)を触らずに扱えるものがいい。
・好きなタイミングで好きな音源を流したい。
フライトモデルはProsimのJetstreamを使いたい。
・なるべく安く(笑)

そこでいろいろネットを探索した結果、以下のソフトを発見!!

・FSKeeper
FSUIPCで状態をモニターし、好きなタイミングで好きな音源を再生できる。(その他機能多数)
http://www.flightkeeper.net/

モニターしたイベント例↓
keeper.png
これらすべてのイベントに対していろんな音声が流せます。

・VoiceAttack
マイク音声を認識してコマンド入力や音源再生などができる。(20コマンドまで無料)
https://voiceattack.com/

音声認識設定例↓
voice.png

VoiceAttackは音声でアプリが起動できたり、マウスを動かせたりするのでかなり応用範囲が広く、ソフトも洗練されているので使い込むといろいろできそうです!!

・Pushkun
プッシュバックの距離、角度を設定しておくと自動でターンするアドオン。なんと状態認識で音声再生もできます。
(個人の方が制作、配布されていらっしゃいます)
http://www003.upp.so-net.ne.jp/BackyWorks/PushkunX.htm


ということで、上記をうまく組み合わせてプッシュバックまわりのリアル化(?)を進めて行こうと思います。
H/W工作は最近やる気ないのでしばしお休み・・・(^^;


BlackBox Flight Logger [FSX Tools]

相変わらず石垣空港のトラパタをぐるぐる回ってます。
どうも自分はライトパターンの方が好きみたいです。

結果から学ぶことも多いと思うんで、トラッキングツールなにかないかなーと探してたら無料のものがありました。

Black Box
http://www.lockonfiles.com/files/file/1357-fsx-blackbox-flight-logger/

logger.png

ぽちっと押してロギングを開始。
終わったら停止するだけの簡単操作。

で、そのままGoogle Earthに表示できます。
roig1119.jpg

で、ご丁寧に接地時の簡単な評価もしてくれます。
blackbox2.jpg

これで一応ざっくりとではあるけれどフライトコースのチェックはできます。

もっと細かくデータで見たいなーという思いもあるので、探してみると有料ですがあることにはあります。

FSX Logger
http://fsxlogger.vivendobyte.net/fsxlogger/

Prepar3Dで問題なく動くのかわかんないんでまだ買ってませんが、こういうのをデータで見るのが好きなので興味はあります。

引き続き、トラパタ訓練が続きます!




FSXFollowを買ってみた [FSX Tools]

FSXFollowなるアプリを発見したので買ってみた。450円。
飛行ルートをGoogleマップ上で視認できるiPad用アプリ。

FSX(FS9でもいい)が動くPC上にデータ送信用のソフトをインストールすると、FSから取得した位置情報をサーバーへ送り、それをiPadのGoogleマップ上にリアルタイムに表示するっていう仕組みなので、Wi-Fiがなくても問題なし。
常に時機がセンターにくるようにGoogleマップが動く。

画面ショット
1.jpg

2.jpg

こんな感じでデータを転送してます。
fsxfollow.jpg

実機のフライト中のモニターに写る「あれ」が、iPad上に再現できるってことですな!
フライトルートを見てるだけでも好きな人なので、個人的には満足。

あと、FSXの場合はPC上で勝手にスクリーンショットを定期的に撮影してiPadに送ってくれるので、長時間フライトする人はオートパイロットセットしたらリビングでiPad片手にビデオ鑑賞なんてのもありでしょう。
(私の場合画面が5760x1080でサイズが大きいためか正常に動かず)

その他にもControlができるアプリなどもあり。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

FSX のフレームレートを改善する [FSX Tools]

やっぱり綺麗なシーナリーはいいなぁ。
というのと、PMDGから間もなく発売されるであろうNGX受け入れ準備のために久しぶりにFSXへ出戻り。

やっぱり重い・・・
・FSXを起動するだけで1分以上余裕で待たされる。
フライト!を押してからレディになるまでこれまた1分以上待たされる。
・FPSが低すぎて(1桁から15くらいの間)お話にならない。

あー、もういきなり萎える・・・
こんなの誰がプレイすんだよ。

もう1世代も2世代も前のPCなのでこれでFSXで30FPSはなかなか期待できないかなーとは思いますが。
以下、検証環境の概要

スペック
Core2Duo E8500
・4MB(実効3MB)
・Sapphire ATI Radeon5770 FLEX(3画面ビュー+1画面をPFDに利用)
Vista Home
・500GBx2

シーナリ関係
・Fsdreamteam KLAS
Ultimate Terrain USA
・REX
・他

条件
・PMDG747
・FSDreamTeam Las Vegas(KLAS)
・基本「最高」レベル(多少いじりますがDX10とかはもってのほか)
・時間帯 夕方(夜間シーナリ)
・天候 Fine
・2Dコックピット(H/Wがあるのでパネルなし。風景だけ)
・トラフィックはノーマルで30%程度

ここに半信半疑でFSX Booster(1200円くらい)を入れてみました。

結論から言うと結構変わった!です。
あくまでも私の環境で、ですが。

何が変わったかってまずは起動時間。
Booster経由でFSXを起動するとわずか10秒くらいで起動します。えっ?ほんとに?って感じ。
これだけでもまずは、起動してもいいかなぁと思わせるスピード。

滑走路上でまずは、15~20FPSくらい。
5~10FPSくらいは改善したでしょうか。

試しに時間を昼間に変更するとあっさりFPSが30以上に。
なるほどUltimate Terrainの夜間の街路灯がかなりFPSを食う模様。

それとこのBooster設定画面右上にある「~pixel以下のものは表示しない」ってのが結構味噌なのかも。
booster setting.jpg

8pixel以下は表示しないにすると、PMDG747はドアなしギアなしになっちゃう。
nodoor.jpg

ついでに、FSDreamTeamのKLASも表示されなくなっちゃうのでこれは制限をなしに設定。

ここでいまさらながらググって、こちらのサイト(http://fsxzimmad.web.fc2.com/guide3.html)を参考にさせて頂き追加で施術。

1.fsx.cfgファイル書き換え
[JOBSCHEDULER]
AffinityMask=xx (1=1 core , 3=2 cores , 7=3cores , 15=4 cores )

2.テクスチャのリサイズ
FPS Enhancement Package V2 342枚のテクスチャをリサイズ
Resized/Reworded Autogen Textures 自動生成シーナリーのテクスチャをリサイズ
FSX Water Fix 水面テクスチャをリサイズ

これがまた結構変わった・・・(゚Д゚)
着陸時、滑走路に近づくと建物が増えるから急に落ちるんだけど、普通に20~30FPSくらいで離着陸できる。
しかも最初の読み込みが早いよこれ!

fps.jpg

リサイズが一番きくかも・・・
もっと早くからやっておけばよかった・・・
何にせよ、情報をまとめてくださった方に感謝!

というわけで、国内はFS9、海外はFSXで使い分けようかと。
PMDGの737NGXを首を長くして待っておりますよ。

また時間がある時にFSXのフライト撮影でもしてみます(^^

※正確に計測したわけではないことと、環境により異なると思いますのであくまでも主観てことに注意。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ


EZDOK Camera for FSX [FSX Tools]

1年くらい前からテストが繰り返されてたEZDOKがいつの間にかFlight1から販売開始されてました。

これはFSX用なんで買おうかどうか悩んでますが、いままで撮るのがかなり難しかったアングルからでもスムースに簡単に撮影できるアドオンです。

ムービー撮影する人間からするとかなり魅力的なアドオンであることは間違いないですが、FSXてのがなぁ・・。



うーん・・・
FS9で出たら即買うんだけどなぁ・・・

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機



DBS Walk&Follow を買ってみた [FSX Tools]

バイパーさんおすすめのDBS Walk&Followを買ってみました!
確かにアクティベートが面倒・・・。

購入する→D/Lする→解凍する→インストールする→FSXを起動する→アドオンからアクティベート画面を開く→メアドとかを記入してメール送信→キーの返信があるまで待つ→FSXを起動する→アクティベート画面を開く→キーをコピペして貼り付けてアクティベート→FSXを再起動する・・・

・・・で、ようやく使えるようになります。
僕の場合は、キーの返信まで約2時間くらいでした。バイパーさんからお話を聞いていたので、おかげさまで購入後心配せずに寝ることができました(笑)
まぁ、いまどき不便ですねこのシステムは。

感想としては、確かにかなり便利です。
FSX9では管制塔ビューをマップ上で自由に移動できたそうですが、FSXではそれができないためいちいちcameraのconfigファイルをいじって視点を確保してましたが、その手間からまったく開放されます。
後はcameraを移動しながら録画できるところもいいですねっ!
移動しながらの撮影は今までは何かの機体にのって、機体を移動させながら機外cameraで撮影してましたんで、だいぶ楽になりました。
残念なのは、移動しながら機体を追尾する機能がないってことです。cameraパラーメタのTrackがないのはかなり残念。
約2500円でしたんで、妥当なところかと思います!

とりあえずテストムービーを作ってみました。
移動スピードも自由に変えられますし、FSXでリアリティを追求していきたい者としては動きのあるカメラワークができるってのはいいですね!
今までにないアングルから取れますんで、面白いです。

youtubeは相変わらずアップロードできないし。。。
最近アップロード環境が悪い(- -;)

・・・って書こうと思ったら立て続けにアップロードできた。
何なんだいったい・・・



にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機

Aerosim B777に3D Lightsをいれてみた [FSX Tools]

いまさらながらAerosimのライトがデフォルトままだったことに気づいたので変更します。

こちらのサイトを参考にさせて頂きました!
http://blog.goo.ne.jp/f_sim/e/a1db68a100f36f18811d402645b04acf
先人の方々のご苦労がとても参考になります。。。
ところがレベルが高いので結構はしょられていて素人には解読が大変です(笑)

デフォルトのB777→3DLightsバージョン→ランディングライト2倍バージョンの順です。
2倍だと明るすぎる気が・・・( ̄∇ ̄;



<編集方法>
fx_Shockwave_landing_lightファイルをテキストで開く。
size= というのが数箇所あるのでそこのXとYの数字を全部2倍にして別名で保存。
aircraft.cfgファイルの[LIGHTS]内で上記の光源ファイルを指定して保存。

これは以前香港の啓徳空港で悩んだ経験が生きてますねっ
こういうちょっとしたTIPSをまとめた本があってもいいと思うんですけどねぇ。。。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

Sony Vegasでランディングビデオを編集してみた [FSX Tools]

今日はちょっと趣向を変えてタイトルビデオ編集ソフト
よりリアルに近づけたカッコイイビデオを作りたいってのが個人的なしょーもないこだわり。

今までは、cameraで撮影してるようにみせかけるためにIR4とかで無理やり画面を揺らしながらキャプチャしてたけど、それをびっくりするくらい劇的に簡単にやってくれるのがあった。

SonyVegas
高くてさくっと買えないんで、サンプルで使ってみた。
んで、もう1つcameraがシェイクしているようなエフェクトを出してくれるアドオンがあるのでそれも載せて使うんだけど、これがまた高い(13000円くらい)
んー。かりに抜群によかったとしても買えないよ・・・

・・・ってことで、例によってKaitakへのランディングビデオを編集してみた。



いい・・・( ̄▽ ̄)
めちゃくちゃいいじゃないかこれーっ

でも、買えない・・・
もっとやすくシェイクカメラのエフェクトつけてくれる編集ソフトないかな・・・

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。