So-net無料ブログ作成
検索選択
Texture Repaint ブログトップ

始めてのリペイント [Texture Repaint]

Satolinerさんからもアドバイス頂いたことだし、とりあえず塗ってみようと思い立ちリペイントをやってみましたんで備忘録です。

LDSから提供されているJALの機体の左側、前方部分のみ自分で作成したリペイント(ブルーとイエローのラインとエアードゥの会社名)をはってFS上で見てみました。

こんな感じ↓(前左半分が適当自作エアードゥ、残りがJALで垂直尾翼がLDSのリペイントキット。ぐちゃぐちゃw)

airdo_repaint_test.jpg

おー!
できてるできてる。
なるほど、意外と簡単で面白いです!!

やってみてわかりましたが、”色の選択”と”汚し”はとても大事なんですね。
垂直尾翼はキットのまま汚してませんので、のぺーっとしてますし、濃い色のために妙に字が浮いてます。
AIRDOの社名はややグレーを選択しましたがこれくらいでちょうどいい感じです。

■必要なもの
FS9(あたりまえ)
DXTBmp
GIMP(ペイントツール。Photoshopに似てるから使いやすい)
LDS763のリペイントキット(psdファイル

■手順
1.LDS763のJAL機のTextureフォルダコピー
2.Textureフォルダ名称を適当に(test)などに変更
3.b763fuse_left_t.bmpをDXTBmpで開く
4.DXTBmp上で普段使うエディターをMSpaintからGIMPに変更
5.ダブルクリックでエディターを起動
6.適当に編集(レイヤーを作ってそこに書き込む)
※通常はここで書き込めばいいけど、機体本体は一直線で書かないとずれるのでリペイントキットのpsdファイル上に書いてからコピペで持ってくる(←ここのやり方がいまいち違う気がする・・・)
7.編集が終わったら保存(norm.bmpに保存される)
8.DXTBmpで「Image」の「Reload after Edit」を選択するとDXTBmp上に編集したもの(すなわちnorm.bmp)が反映される
9.DXTBmp上で保存(ファイルの種類:Extended 32 bit 888-8)
10.aircraft.cfgファイルに追記
11.FSを起動(編集したものを反映させる場合はFSを再起動した方が無難)

まだまだ計器飛行(SIDやSTAR含む)をマスターしたり、Jfltcrwを楽しんだり、E170の操縦も覚えなきゃだし、実はまだ手付かずのPMDGのMD11、737、Wilcoの737が転がってたりするし、シーナリも買っただけで全然いれてなかったりするし、やりたいことがてんこ盛り・・・

しかしこんだけ楽しめるソフトもなかなかないですよねー。
FSって実に奥が深い・・・

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ


Texture Repaint ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。