So-net無料ブログ作成
Flight Log ブログトップ

羽田空港 都心低空ルートのシミュレート [Flight Log]

先日発表になりましたが、どうやら国交省が羽田の都心上空ルートの利用を決断したようです。

16Lと16RのILSアプローチを導入して離着陸回数を増やそうという目論見です。
オリンピックにかこつけて騒音問題をクリアしてしまおうということでしょうか(笑)

早速どんなルートになるのかシミュレーターにILSを導入して飛んでみます。
手順としては以下の通り。

①Prepar3D SDKダウンロード&インストール
http://www.prepar3d.com/support/sdk/

②ADEダウンロード&インストール
http://www.scruffyduck.org/

③ADEで羽田空港の空港ファイルにILSを追加

手順は以下動画参照。


で、Google Earthでチェックしてみます。

新宿周辺
ちょうど副都心のビル群と明治神宮を挟むようにアプローチしていきます。
s_shinjuku.jpg

都庁からの眺め(想定)
両サイドをアプローチしていくようです。
s_tocho.jpg

品川周辺
16Lへのアプローチがちょうどビル群の真上を通過。
s_shinagawa.jpg

我が家からの眺め
新宿方面を眺めるとアプローチしていく機体が眺められそうです。
s_wagaya.jpg

これはなかなか楽しみですねぇ。

羽田には16側にILSのアプローチライトを設置するスペースなさそうですがどうするんでしょうか。

羽田周辺のチャートも大きく変わりそうですし、久しぶりの激変っぷりが楽しみです(^^


STARFLYERでの素敵なフライト [Flight Log]

飛行機。

そこには搭乗する人の数だけドラマがあって、笑顔や悲しみ、怒り、喜びなど、多くの人の様々な人生とともに毎日、何千という飛行機が空を飛んでいます。

また、その飛行機を安全に快適に飛ばすために日々頑張っていらっしゃる、パイロットや機内クルー、グランドスタッフの方々の想いも一緒に飛んでいます。

そんな数えきれないほどのドラマの中、たまたま僕が出会った素敵なフライトを感謝を込めてここに記したいと思います。

少しでも子供に伝えられるよう絵本風(あくまでも風)にして6冊(CAさん分3冊、SFJさん分1冊、本人たち分2冊)を製本し、STARFLYERさんにお送りしました。

画像の著作権等の問題がありますので、そのまま転載はできませんが、許可を頂いた写真を使って、製本した絵本の内容を掲載します。

こんな冊子↓を作ってみました。
会社のブランドブックみたいでかっこいいでしょ!?

IMG_8534.jpeg


以下、本文(事情により冊子とは内容が多少異なります)

----------

職場の仲間、スターフライヤークルーのみなさんと過ごしたこころあたたまる素敵なお話。



ぼくたちには夢がある。

日本の様々な場所にあるおいしい料理、美しい風景、そしてそこに暮らしている人たち。

みんながもっと幸せになる方法はないだろうか。

ITの力でもっともっと、楽しく笑顔があふれる日本にしたい。

何かぼくたちが力になれることはないだろうか。

写真 2.JPG


2013年12月

僕は、部下(以下ママ)と一緒に知人にご紹介いただいた方にお会いするため、共に福岡へ。

「きっと、素晴らしい時間になるに違いない!」

ところが期待していたような盛り上がりはなく、何かを共に考える時間も隙も与えてもらえなかった。



そして会社に帰れば、厳しい上司からの言葉。

「おまえたちの夢はわかった。夢は夢だ。現実的に考えろ」

「それでいくら儲かるんだ?」

「なんでうちの会社がやらなきゃならないんだ?」

・・・


ぼくたちの”つばさ”はぼろぼろ。

ただでさえ折れてしまいそうな”つばさ”が勢いを失っていく。

ぼくたちの想いは風前のともしび。。。

もうぼくたちは飛べないのか・・・?



ママは悔しさをばねに、想いをより強くしていく。

その想いがやがてまわりのひとたちの”心”を動かすこととなった。

IMG_3335_R.PNG



2014年1月

ママの熱意は、ふたたびぼくたちを九州の地へと向かわせる原動力となった。

今度は、幸いなことにぼくたちの夢に共感してくれる多くの方と会うことができた。

同じ想いの人たちがやっぱりいるんだ。

前進しよう。

そう心にちかった帰り道。

ぼくたちは同じスターフライヤーSFJ52便に搭乗。

座席は15と22でばらばらだけど、その日の天気と同じように、2人とも雲が吹き飛んだ晴れやかな表情だった。

そんな時、ぼくたちをもっと幸せにしてくれる素敵なひとたちと出会った。

ぼくは、たまたま普段手に取らない機内販売の冊子を手に取った。

目にとまったのは丸々と太った飛行機のパズル。


そうだ。来週会う甥っ子に買ってあげよう。

「すみません。このパズルは何歳以上向けですか?」

pazzul.jpg

商品が来るのを待っている間、ママの帰りを待っている娘さんたちの顔が浮かぶ。

「日帰りでもママが遠くに行ってしまうのは悲しい。」

ぼくはこれまで頑張ってくれたママを支えてくれた娘さんたちにパズルを贈ることにした。

日頃の感謝の気持ちを簡単にしたためた手紙と共に。

「すみません。申し訳ないんですが、15列の窓側に”ママ”という女性がいるので、その女性にこのパズルをプレゼントとして手紙と一緒に渡してもらえませんか?」

CAさんはイヤな顔ひとつせず、すぐに渡しにいってくれた。

結果は・・・





作戦大成功!

写真 3.JPG

作戦終了後、機内にてご協力いただいたCAさんたちとパチリ。

「おどろいたー!サプライズは仕掛ける側なので、びっくり、感動でしたよー。お礼のお手紙、絶対に書こう。」 
byママ

そしてサプライズで楽しんでたはずが、逆にクルーのみなさんから感謝の手紙を頂いてしまったぼくたち。

IMG_5056.jpeg

そんな温かい心遣いが娘さんたちにも伝わる。

IMG_8059.jpeg

ママの娘さんたちとふとっちょ飛行機。

IMG_8267.jpeg

ぼくがお願いしたわけでもないのに、子供がいると知ってCAさんがママの娘さんたちにぬりえを贈ってくれた。

image.jpeg

空欄のままの「ひこうきにのったひにち」

まだスターフライヤーに乗ったことのない娘さんは、初めて”ふとっちょ飛行機”に乗るひにちをここに書くそうです。

娘さんは、パパ、ママ、いもうとと一緒にスターフライヤーに乗れる日をとても楽しみにしています。

131221_Endou Family057.JPG

スターフライヤーのみなさん。
素敵な時間と笑顔をありがとう。

つづく



---



昨今、苦境が伝えられるSTARFLYERさんですが、こんなに素晴らしいホスピタリティを持たれたクルーがいらっしゃる企業には、必ず明るい未来が待っていると信じます。

ありきたりのサービスではなく、”感動”がそこにはありました。

みなさんの”夢”を、今度は微力ながら僕たちが支えられればと思います。

スターフライヤーのみなさん、また今度、空の上で、笑顔で会いましょう。

TO STARFLYER
SFJ52 2014.1.28
CA 浮巣さん・中西さん・石原さん、スターフライヤー全Crewのみなさんへ感謝を込めて。

ママ・東田


DELTAビジネスエリート初搭乗! [Flight Log]

あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いいたします。
2014年はコックピットビルディングのステージ1は一旦終了してけじめをつけようと思っております。
今後も続けますが、だらだら続けるのではなく目標を持って進めようかと。

ということで、これまでの歩みを書籍化しようと思ってます。
あくまでも自己満足ですが。笑

さて、昨年は本厄にも関わらず結婚し、子供を授かり、コックピットにもオーバーヘッドが設置され大変充実した一年でした。
この挙式のためハワイに行く際に初めてデルタのビジネスエリートクラスを利用してみたので、記録しておきたいと思います。


まずは、第1ターミナルのデルタスカイクラブラウンジへ。

ありゃーすんごい広い。

2013hawaii 015_R.JPG

アルコールは充実してますが、食べ物は軽食レベル。
ウイスキーと炭酸が置いてあるのでハイボール飲めます。

2013hawaii 018_R.JPG

シャワー完備。
起床とともに活動開始なので搭乗前にこれは非常にありがたい。
2013hawaii 020_R.JPG

いざ、機内へ。
行きはB6。

で、なんと搭乗してみてびっくり!!
コックピットドアあいてんじゃん!!
まじかー!

2013hawaii 021_R.JPG

そりゃすかさず撮影しますわな。

子供のころにコックピットで写真を撮ってもらったことがあるらしいが記憶にもなく、ほぼ初体験。
コックピットの臨場感にしばし放心状態。
CAも撮影してても何も言わないし。
こんなもんなんでしょうか?



で、シートがこれ。
ストレートタイプのフルフラットシート。
2013hawaii 032_R.JPG

これは快適すぎ。
しかも、日本発だから飯もうまい!!

2013hawaii 029_R.JPG

寝るのも惜しい快適さだけど、機内エンターテイメントが故障中。
映画見れるには見れるんだけど、見たいものが見れないという微妙な故障。
見たいものを押しても違う映画が流れるというお粗末さ。
ということで、食後は睡眠。

ほぼ定刻どおりに08Lへ着陸しスポットイン。



帰国時はホノルルのデルタラウンジへ。

2013hawaii 188_R.JPG

これがまたしょぼい。。。
しょぼいし、暗いし、アクセス悪いし成田とは雲泥の差。
ま、アルコールは十分あるけどもw

帰りはA330-300。
ビジネスエリートはハの字タイプ。
2013hawaii 190_R.JPG

ハの字よりもストレートタイプの方が使いやすく感じた。
見た目はハの字タイプの方がおしゃれには見えるけども。

食事ははっきり言ってまずい。
日本発の便はおいしいけど帰りはやっぱりねっていうレベル。
すんごい味付けがなってない。
しょっぱいし。
いわゆる日本の塩梅ってのは、料理の基本ですなぁ、と改めて思ったのでした。

2013hawaii 198_R.JPG

総合点としては、3点。
コストパフォーマンス感はそれほど感じないですな。

機内エンターテイメント壊れてるし、飯はまずいし、ホノルルのラウンジ狭いし。
よかったのは、フルフラット、行きの飯、ラウンジ、シャワー、当たり前だけど優先搭乗と荷物の受け取り優先。

まぁ、なんだかんだ言ってもこれ乗っちゃうとハワイのエコノミーはもう無理かなぁという感じ。
フルフラットは快適。

というわけで、今年もよろしくお願いします!
次回は3回目となった単発の体験操縦レポートの予定です。




Touch and Go Training in Hawaii [Flight Log]

前回グアムでの初の操縦体験から約1年経ち、今回はハワイのワシンエアーさん(http://www.washin-air.com/)で操縦体験をしてきました。

今回も風景よりもタッチアンドゴーで!とリクエストしたところ、1時間で3回もやらせてもらえました(^^

ハワイでは、多くの旅客機が離着陸する空港を使用するため、T&G訓練ができずすぐ近くにあるkalaeloa空港というところでT&Gが行えるとのことです。

今回の飛行ルートはこんな感じ。
vfrroute.jpg

①ホノルル空港の4Rを離陸(通常旅客機は08を利用)
②ダイアモンドヘッド上空へ
③180度旋回してKalaeloa空港へ
④Kalaeloa04Lへタッチアンドゴー
⑤Kalaeloa04RのRight Down Windからタッチアンドゴー
⑥同上(ただし、extend down windあり)
⑦ホノルル4Lへ着陸

という1時間の飛行。

機材は、Piper PA28-181。

写真 (1).JPG

写真.JPG

ハワイはグアムと地形が異なるためか、とにかく東風が強く、ホノルル空港上空は機体がまったく安定できず、上下左右にがんがん揺れます。
初めての小型機でありながら頑張って後部座席でカメラを回し続けてくれた同乗者は、あまりの揺れの大きさに飛行中に”リバース”してしまうほど。
一時ホノルルに戻ろうかとも思いましたが本人が大丈夫とのことで、タッチアンドゴーの訓練を無事に継続!



フライト中は虹も見え、あえて夕刻を選んだこともあり大変美しい景色を満喫できました。
フライトの方はというと、やはりフレアが難しい。
タイミングと強さの感覚がなかなか覚えられません。
最後のホノルルへのランディングはがっくんがっくん揺れちゃいました(笑)

なにはともあれ、1時間のフライトを終え、認定証を頂いてきました。

写真 (2).JPG

やっぱり、実機も面白い!!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

フライトログ(新山口・旭川) [Flight Log]

フライトログをまとめて記録(^^

注:STAR、ApproachやSIDは推定です。

6月12日
羽田空港(RJTT)天候:曇→山口宇部空港(RJDC)天候:曇

ANA 0693便(9:40→11:20)
機材 767-300(レジ未確認)
出発 Gate70
Takeoff Runway 05
SID YANAG1 Departure たぶん・・・
巡航高度 34,000ft

Approach ILS RWY07
Landing Runway 07
到着 Gate3

メモ
定刻どおりの運行。
風もおだやかで順調なフライト。

at 羽田 Gate70
写真 (6).JPG

at 機内
写真 (7).JPG

写真 (5).JPG

6月13日
山口宇部空港(RJDC)天候:晴れ→羽田空港(RJTT)天候:晴れ

ANA 0698便(16:40→18:15)
機材 B787(JA801A) ※ANAのB787初号機
出発 Gate3
Takeoff Runway
SID HIMEH 7 DEPARTURE
巡航高度 41,000ft

Approach FUTTSU VISUAL RWY34L
Landing Runway 34L
到着 Spot403

メモ
ドアモード切替の際、非常脱出装置に関連するトラブル(コックピットの表示が切り替わらなかったらしい)のため出発が20分ほど遅延。
その影響?か、到着は403スポットからバスでゲートへ。

at 山口宇部空港
写真 (4).JPG

at 機内
写真 (3).JPG

写真 (2).JPG

at 羽田スポット
写真 (1).JPG

---

7月8日 晴れ
羽田空港(RJTT)天候:晴れ→旭川空港(RJEC)天候:曇り

JAL 1113便(14:00→15:40)
機材 B767-300(レジ番確認せず)
出発 Gate 16
シート 15E
Takeoff Runway 34R
SID PLUTO-RNAV
巡航高度 確認せず

Approach LOC Z RWY34
Landing Runway RWY34
到着 Gate 2

メモ
定刻どおりの運行。


7月9日
旭川空港(RJEC)天候:雨→羽田空港(RJTT)天候:晴れ

JAL 1116便(20:30→22:15)
機材 B737-800(JA345J)※6月9日にデリバリーされたばかりの新機材
出発 Gate2
シート 36K
Takeoff Runway RWY34
SID KAGRA2
巡航高度 30,000ft

Approach CREAM
Landing Runway RWY34R
到着 Gate8

メモ
定刻どおりの運行。
久々にややハードな接地。機体がそこそこゆれた。

at 旭川空港
写真.JPG

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

Luxury Flight 2nd [Flight Log]

Luxury Flight に再び行って参りました!

あー、やっぱリアルなコックピットはたのしすぎるぜー。

今回は羽田の16Rからあがって無理やりVOR-Aにのり16Lへ3回ランディングしました。

CDUセットアップ中
IMG_2460.JPG

きっしーさん 「80!」
おれ 「チェック!」
IMG_2462.JPG

夜景でも飛んで見ましたよ。
スカイツリーはやはりでかいっす。
IMG_2477.JPG

2メンでのプロシージャもまとめてくれているとのことなので、超期待してます。
普通家で飛ぶときは、キャプテンもコパイも兼務するんでめちゃめちゃ忙しい。
やっぱり2メンでの操縦はきっちり体験してみたいなぁと思うのでした。

それと、今回はスロットルのA/Tボタンが実装されており、大変気持ちいい離陸でございました。
LFさんのコックピットは日々進化してますよ!!

きっしーさん、館岡さんどうもお世話になりました!
また近々お邪魔しますので~(^^)ノ

あ、館岡さん。
カメラはいいけどピント合ってない写真が多かったんで、暗闇撮影練習しといてくださいね(笑)

Luxury Flightさんはこちら↓
http://www.737flight.com/

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

Boeing 787-8 初搭乗 [Flight Log]

先日出張で大阪へ行く用事があったのでBoeing787に乗ってきました!
伊丹-羽田線に就航してるのを知らなかったもんで、大興奮(^^

3日ほど前に予約をしたのに、席はかなりうまっていてすでに窓際は空席なし(T-T)
特割Aもこの便だけ一番高くて同じ時間帯のものより1500円ほど高い!
14800円だったかな?

いざGATE60へ。
顔が特徴的。今までのイルカみたいな感じからエンブラエルのE170とかみたいにしゅっとした感じ。

普段は待合ロビーで撮影する人はそんなにみかけないけど、スーツ姿でも撮影してる人がちらほら。
さすが、新鋭機。
787_1.JPG

機内は、新品のにおい。
全席モニター付き。大好きなフライトデータも見放題!
今日の巡航高度はFL260。
787_3.JPG

これが動画。


上部デザインは、ブルーの間接照明でさわやかでクールなイメージ。
中央席用の荷物入れが、従来機よりやや内側にあるためCAさんが手が届かず、みんな客席の横にある出っ張りに「失礼します」と一声かけて足をのっけて閉めてたのが印象的。
あと窓側席用の荷物入れが逆に通路側にやや出っ張ってて頭ぶつけそうなの感じがした。
座席レイアウトのせいなんだろうか。
787_4.JPG

伊丹空港 6ゲート
そんな端っこのゲートじゃなくて、10ゲートとかに停めてくれればもっとよく撮れたのに・・・(^^;
機材はJA807A。こうしてみると何気にエンジンがでかい。
787_5.JPG

最後にCAさんから記念の絵葉書をもらっていざ仕事へ。
787_6.JPG

またこれ乗ろうっと♪

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

セスナ操縦体験 in グアム [Flight Log]

行ってきましたグアム。

何しに行ってきたかって操縦体験のためーっ!!

1時間の操縦体験コース。
$250なので約2万円。個人的には全然高く感じない。
好きだから。

おおまかなフライトルートはこんな感じ。
flight route.jpg

SKYGUAM AVIATIONにお世話になりました。
元はTEMCOだったんですが、別会社に変わったとのこと。
ちなみに、その影響でクレジットカードが使用できないっ!!
ご利用の方はご注意を。

南回りと北回りがあり、景色は南の方が美しいのでおすすめです!とのことだったけど、自分は操縦しにきたんです!!ということをまずはアピール。

んで、「あのー、できたらタッチアンドゴーなんかやってみたいんですけど・・・」とリクエストしてみたら、

「はいはい。全然問題ないですよ。」

とのこと。
うぎゃー!!やったぜーっ!!

ブリーフィング(というほどのものでもない)で注意されたのは、「フライトシマーは計器ばっかり見て飛行しようとするので機体が安定しない。計器は見なくていいのでヴィジュアルで飛んでください。」、と。
・・・なんとなく分かる気がする。

今回の初フライトは記録に残しておきたかったので、秘密兵器を準備。
とにかく軽量でHDの安いカメラにこだわりVictorのGC-FM1-Aと固定用に3,000円くらいで販売してるクリップを購入。

camera.jpg

ダメ!って言われたらどうしようかと思ってたらあっさり「いいですよ。ここにつけちゃいましょう」とダッシュボードにクリップを設置して撮影を敢行しました。

搭乗する機体は、Cessna172。
あ。これ、わたくしですw
cessna.JPG

<Flight Log ①>
まずは、RWY06RでHold Short。
1機軽飛行機が着陸するのを見送り、旅客機がファイナルに入っているのに離陸許可が出たため慌てて滑走路へ。
「はい、スロットル全開に!」
「えーっ!!いきなりーっ!!(><)」
「躊躇なくぐいっと押し込んでください!」

ぐぐーっと押し込むと一気に加速。
あっという間に60ktに。

「はい、操縦桿をゆっくり引いてください。」

恐る恐る引く。
全然機首があがらない。

「もっと力を入れてー」

おお、思ったより引くんだなとじわーっと引くと「ふわっ」と機体が浮く感覚。
でも余裕ゼロ。景色どころか、計器も見る余裕なし。

スロットル調整は教官がやってくれるのでほとんど操作という操作はないものの、最初は極度の緊張で肩が凝る凝る・・・(^^;

目指すはアンダーセン空軍基地。
軍の施設なので、軍の管制局から許可がでないとパスできない。
最初は断られてしまい、あきらめて右旋回しようとしていたところ、3,000ft以上なら許可するってことで、無事基地上空をパス。
残念なことにF22などの最新鋭機はいまはグアムにいないそうで見れずじまい。
その後、3,500ftくらいまで上昇した後、タモン湾へ向けて左旋回して南下1度目のタッチアンドゴーへ。


Flight ① Take off



<Flight Log ②>
タッチアンドゴーを要請。
許可は出たものの、B737がタキシング中で離陸直前だったために時間がなく、ベースレグというよりはほぼファイナルへ直接入ってタッチアンドゴーを敢行。
滑走路直前の低空で大きな旋回を行ってアラインしなければならないため、さすがにここの操縦はほぼ教官任せ。
教官曰くこのアプローチは滅多にないとのことで貴重な体験!

タッチアンドゴーで離陸後は、45°Departureで滑走路を離れます。
離陸機が混雑する時間帯になってしまったため、Holdポイントでしばらくぐるぐる回ってろという指示。
素人には高度を維持しながらぐるぐる回ってるだけでも全然楽しいから全く苦にならないんだけどね(笑)

Flight ② Touch&Go



<Flight Log ③>
ほんでもって10分くらいぐるぐるしてるとアプローチの許可。
もち、タッチアンドゴーのリクエスト。本日2回目。
風向きが変わって、今度は24Lへアプローチ。

と、ここでスコール!!窓を叩く雨の音がすごい!さらに左からのクロスウインド!

機体が右に流される。
シミュレーターでも理解してたつもりだけど、修正してもすぐ流されてなかなかセンターにアラインできない。
なんとか着陸して離陸。
離陸時もふらふら右に流されてストレートアウトできない。
いや、ほんとフライトって気象を理解してないとダメなんだなーと実感。

最後はトラフィックパターンを飛行。
離陸後、右旋回してCross Wind Legへ。
さらに90°旋回してDown Wind Legへ。眼下にタモン湾の美しい海と繁華街を見下ろしつつ空港を右手に見ながらしばらくストレートで飛行。
このころようやく景色を見る余裕がでてきたんで、ついでにちょっと操縦を教官に変わってもらって一瞬だけ風景とコックピットの様子を撮影。

そうこうしてるうちにベースレグへの旋回からファイナルへ入り、フルストップランディング。
この右旋回は自分でもなかなかうまくできた!!
ちょっと戻すのが早かったけど。

Flight ③ Touch&Go + Full Stop Landing


最後に飛行証明書をもらって、1時間のフライト体験は終了。

license.jpg

今回のフライトは嬉しいハプニングが続出。

1.フライト中に風向きが変わり使用滑走路が逆転
2.離陸機で混雑してしまったため、10分近くホールディング
3.突然のスコールとクロスウインド着陸

スコールが嬉しいってバカか?って感じだけど、天候はめまぐるしく変わり、かつ旅客機の本物の離着陸(当たり前)の合間を縫いながらTouch&Goとか、気絶しそうなくらい楽しかった。

それにしてもATCが全然聞き取れない・・・
たまーに離陸許可や着陸許可がでたのはわかるけど、離陸前のVFRリクエスト時の会話とか全然ダメ。
ただでさえ日常会話しか英語しゃべれないのに、無線越しになると絶望的・・・
この壁は高いなー。
Live ATCで聞きまくるか・・・

IFRばっかりだったけど、VFRも楽しいなぁと再確認。

しかし、こりゃまじでライセンス取得を目指す方向でっ(><)ノ
円高だしっ!!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

フライトログ ANA67&ANA64 [Flight Log]

連休を利用して北海道へ寿司を食べに行ってきましたんで、フライトログです。

■行き(9月22日)
出発前に羽田2タミ展望デッキから。iPhoneのカメラってダメだなー( ̄∇ ̄;
0.JPG

行きのフライトはANA67便、B777-300(JA757A)で58ゲート
座席は26K

クリアランスがなかなか出ずに25分も遅れた。
キャプテンは5分くらいってアナウンスしたのになかなかプッシュバックしない。

どうも政府専用機のせいらしい。
みんな16Rから離陸してるのに、プッシュバック中に16Lから政府専用機(V1かV2にももう1機が駐機してた)が離陸してたから、きっとこの関係だなーと当日は思ってたんだけど、菅首相が国連へ醜態をさらしに逝くところだったようで、これで出発が遅れたらしい。
このせいで予定のバスに乗れなかった・・・ますます腹が立つ・・・( ̄  ̄メ)

離陸滑走路は16R、SIDは多分PLUTO4。巡航高度は39000ftで、ほとんど揺れがなく快適。
新千歳へは01Rへストレートインし、7GATEへスポットイン。
到着が遅くなったからもう夕方じゃん・・・
寒いし・・・。(当日RJCCの気温は18度。大雪山初冠雪の日)

1.JPG

北海道のKitacaってSuicaパクリすぎじゃない!? 関係ないけど。
8.JPG

■帰り(9月24日)
帰りは待ちに待ったジャンボ!
機材はANA64便、747(JA8960)、8ゲートから出発
3.JPG

747はかなり長いこと乗ってなかったのと、2階席が初めてだったので機内で階段を上がるだけで大興奮。
しかも、ちょっとだけ優越感(笑)
機内は5,6割の入り。休日にはさまれた平日の真昼間じゃ東京向けは乗客少ないか。
座席は73A

離陸滑走路は01LでSIDは大きく右旋回後、直進して少しだけ左旋回したので恐らくTOBBY8。
巡航高度は40000ft。
当日は雲が厚く上昇下降時はそこそこ揺れました。

2階だからなのか747だからなのか窓際にはこんなモノいれがあるんですねー。知らなかった。
4.JPG

あー。この向こうにはあこがれのコックピットが・・・。
5.JPG

1面に広がる雲海。
6.JPG

STARは恐らくKOITO(or KANOH) NORTHで34Lへビジュアル。
ゲートではなく408スポットに到着したためバスで移動。

間近で747を見れるので、一般人と違ってありがたく感じてしまうところがオタク。
連れには呆れられましたがw

お!
そういえばFDSのCDUユニットがようやく税関を通過。
日本到着からほぼ5日間もかかった。

track.jpg

今回はCanada Postなので恐らく郵政で来るんでしょうな。
イタリアからのUPSに比べたらものすごい時間がかかる・・・。
さすがお役所仕事は違いますな。

早くこーいっ!
もうすぐオーダーしてから丸々4ヶ月だぞーっ!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

Flight Log 2010年8月5日 ANA021 [Flight Log]

出張で東京から大阪へ
今回は飛行機で行きました♪

全日空021便 11:00発

京急でアクセスし、20分程度前に搭乗ゲート前へ。
携帯でピッと入るのって楽チン♪
ちなみに、ベルトもピッと鳴ってしまい金属探知機でチェックされてしまう羽目に。

あ。レジ番記録するの忘れた・・・

出発ゲートは61
サンシェードがかかってて外の様子はほとんどわからず。

haneda.JPG

ほぼ100%に近い搭乗率。
数席空いてただけ。
機材はB777-200でかなり綺麗。最近内装に手を入れたのかしら。

羽田のMETARはRJTT 050200Z 17018KT 9999 FEW015 32/24 Q1018

ってことなんで16Rから離陸ですね。

22はまたがずにA-10から16Rへ進入し、そのままテイクオフ。
772って久々に乗りましたが、ぎゅいーん!っていう加速感が737とは違う気がします。

離陸後はちょろっと右旋回した後、右下に八景島、横須賀軍基地を見ながら大きく右旋回したので、東京DEPARTUREからDIRECT TAURAを指示され、その後TAURAで右旋回したものと思われます。
TAURA2デパーチャですね。

巡航高度は26,000ft。
風はほとんどなく、快適な空の旅。

写真撮りたかったのに、aisle側シートで断念。
本読むだけならなにも窓側の席取らなくてもいいと思うんだけどなぁ・・・。
窓側座席1,000円くらい値段あげません?航空会社さん。
JALさんなら経営再建に少しは足しになりませんか。それでも座りますからシマーは。
特にウイング近辺。
あと、後方の座席は出入りしにくいからちょっと値段安くするとかぁ・・・。

伊丹のMETARはRJOO 050100Z 09007KT 060V140 9999 FEW030 SCT045 33/21 Q1017

なので、使用滑走路は32Lでしょう。

今回は、やたらエアブレーキを多用してました。
ファイナルアプローチ時は雲が多く結構ゆれました。
子供が騒いでます。

接地直前に右に急激にロール。
恐らく右側のタイヤが先に接地したと思われ、着陸時は機体が左右に結構大きく揺れました。

とてもじゃないけどナイスランディングとは言えないなぁ・・・。
風も大して吹いてないのに・・・。

一応、定刻にスポットイン。
そこでB767のモヒカンを目撃!

mohican.JPG

それにしても伊丹は近い・・・。
大阪へ移動するときは、これからは積極的に飛行機で行こうと思います。
新幹線に2時間半も座ってるのは酷です・・・。

photos by iphone

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ



Flight Log ブログトップ