So-net無料ブログ作成
Flight Training ブログトップ

Piper PA-28 操縦訓練 in ホノルル [Flight Training]

ホームコックピットは育児で休業中ですが、今年もハワイに行くことができたので、ホノルルのワシンエアさんで4回目(生涯では5回目)の操縦訓練してきました。

機材はおなじみPiper PA-28。

訓練メニュー

以下の通り。やっぱりタッチアンドゴーメインで(笑)
・スティープターン
・スローフライト(フルフラップ60ktでのピッチ/高度/スピードコントロール)
・タッチアンドゴー×4回

記録用機材

1.Sony アクションカム HDR-AS300

最近のカメラはGPSがついてるんですね。。。
録画するだけでフライトしたルート、スピード表示が簡単にできちゃうとは便利な時代です。
このAS300は高度表示ができないのかな?(調査中)

s_s_Untitled.png

2.YOHOOLYO ICレコーダー
適当にLINE入力ができる安いものを買いました。
が、欠点2つ。
①液晶の表示文字サイズが小さすぎ。老眼には読めませんw
②入力されているのか液晶上で視認できないため、いちいちヘッドフォンをつけてモニターしないと確認できません。
安いから仕方ないといえば仕方ないですが、ダメですねこれは。

それと、ATC、インターコムの録音にあたってライン録音時はどういうケーブル、スプリッターが必要なのかわからなかったため、ICレコーダーに接続した小型マイクをイヤーカップに放り込んで録音し、アクションカムで録画した映像に録音音声をあてがって編集してます。
・・・ので、やはり音質が悪く、ただでさえ聞きにくいATCがさらに難しくなってます(^^;

前日にharuさんに連絡して助言を求めたものの、直前過ぎて連絡が取れず。。。
haruさん、ご迷惑おかけしました。


エアワーク概要

■使用空港
Honolulu International Airport PHNL 04L、04R
Kalaeloa Airport PHJR 04L、04R
いつものKalaeloa空港でタッチアンドゴーを実施しました。

■METAR
PHNL 091953Z VRB06KT 10SM FEW025 SCT043 29/21 A3000 RMK AO2 SLP158 T02890206
気象条件はホノルルにしては良好で、風も穏やかでした。


■概要
①スティープターン
360度の左右旋回を2回行ってます。
45度のバンクをつけるとGを感じますし、思った以上に操縦桿を引かないと高度が維持できないです。

②スローフライト
スロットルを絞ってフルフラップ、60ktで2,000ftを維持します。
高度はスロットル、ピッチでスピードをコントロールするわけですがこの感覚がいまだにわかりません。。。
これ、操縦の基本なんで覚えないといけません。
つい、車と同じでスロットル=スピードでしょって考えちゃうんですが、この感覚から抜け出さねばです。

③タッチアンドゴー
カラエロアでタッチアンドゴーを実施しましたが、同時に軍用機(C17)もトラパタを回ってたので、普段味わえないT&G体験ができました。
ATCがなかなか面白いです。

s_Untitled.png

動画にも出てきますが、こちらは04LでLEFTパターン、C17は04RでRIGHTを回ってましたが、途中でこちらがRIGHTパターンに変更され、RIGHTパターンなのにLEFTに着陸するとか、C17のクロスランウェイも離陸も待たせてしまうなどなかなか楽しかったです(笑)

04L→LEFT→04L→RIGHT→04L→RIGHT→04R→STRAIGHT OUT

タッチアンドゴーATCで、「Cleared for the option RW04L」っていうのが聞こえて後で調べてみたんですが、こういう指示あるんですね。
フルストップでもいいし、タッチアンドゴーでもいいし、停止後に離陸してもいいっていう。
知らなかったです。



毎度同じ感想ですが、やっぱり実機は楽しい!!
しかし、ATCが聞き取れなすぎる。。。

---------------------------備忘メモ--------------------------
トラパタのダウンウインドは800ftを維持。高度キープ時は、約2,200rpm。
ベースターン前にフラップを入れて1,800rpmまで落として高度を下げ、フラップ2。
ベースへ入って450ftから500ftまで高度が落ちたらファイナルターンを開始してフラップ3。
タッチダウン前にスロットルアイドル。
タッチダウン時は、くいっと引いて戻す、くいっと引いて戻すのではなく、引いてホールド、引いてホールドをじわじわ行って、「待つ」といい感じでタッチダウンできる。
ホノルルに帰った最後のランディングが今まででは一番いい感じでタッチダウンできたはず!!

nice!(0)  コメント(2) 

トラパタまわってます。 [Flight Training]

そんなわけで、新石垣(ROIG)のトラパタぐるぐる回ってます(^^

↓だいぶ初めの方。ギアアップを忘れているという失態w


↓ちょっと慣れてきてから。


久しぶりに昔本物のパイロットに教えてもらったトラパタの回り方を引っ張り出してきました。
TandG.PNG

フラップ5、ピッチ15で離陸。
ギアアップ。
旋回開始。
1,000ftでスロットルを70に絞り、ピッチを10に下げ。
1,500ftをメインテイン。
ABMから30sec後ギアダウン、フラップ15。
40sec後旋回、ディセント開始。
800ft/minでディセント。
フラップ25。
フラップ30。

この一連の流れをPFDとにらめっこしながら飛んでます。
最近は、軽飛行機(自分の場合はセスナじゃなくてパイパー)の教訓もあって、計器も見るけど景色を見てピッチを把握するように心がけてます。

ただひたすらこれを繰り返してぐるぐる回るだけなんだけど面白いんだなーこれが。

なんでだろうw

フライトログがこれ。(RW22、RW04混ざってます)
trafficp.jpg

だんだん慣れてくると同じコースを飛べるようになってくるんですねー
旋回のタイミングやバンク角を一定に保つ感覚が身についてくる感じがします。

がんばるぞー!

テクノブレイン 新石垣空港・宮古島 [Flight Training]

というわけで、テクノブレイン 新石垣空港・宮古島を購入してみました。

IMG_0066.JPG

シーナリー買うのほんと久しぶり。

最近はトラパタやVFRなどの訓練が多く、ずーっとテクノの羽田でやってましたが、寒くなってくると暖かい場所で飛びたいもんです(笑)

2つの空港が入ってるんで往復で1時間ちょっとあればVFRも楽しめるし、トラパタトレーニングにはフレームレートも早そうなんでこのシーナリーを購入することにしました。

購入する人少ないんじゃないですかねこれ。
ビックカメラで買った瞬間、在庫切れました(笑)

デフォルトシーナリーがこれ。

roig22-min.png

roig22 2-min.png

空港が移転してるんですがそれが反映されてないです。

インストールして旧石垣にいってみるとこんな感じ。
ちゃんと×マークに変わってます。

roig22 3-min.png

で、新石垣のシーナリー。

roig22 new1-min.png

roig22 new2-min.png

FSDとかFlytampaに見慣れてると物足りなさすぎのシーナリー。
ただ、正確な場所に登場してくれるってだけでも価値はあるかなーとは思いつつも、コストパフォーマンス的にはいまいち。

早速、チャート見ながらVOR/DME受信しつつフライト。
久しぶりにちゃんとVOR入れてコースセットしてインターセプトしてみた。
これがまた忙しいけど楽しい。

IMG_0070 (1).JPG

飛びなれてるオートパイロットもいいけどこういうのがフライトの醍醐味!
雲はREX4 DIRECT with Soft Clouds。
FOの画面が死んでるのは気にしないでくださいw

IMG_0068.JPG

宮古島到着。
IMG_0069.JPG

しばらくはこの辺でトラパタ、タッチアンドゴーとVFRを楽しもうかと思います。


Piper操縦体験 in ホノルル [Flight Training]

ほぼ毎年恒例になったホノルル、ワシンエアーさんでの操縦訓練(正確には体験)。

今回も1時間、遊覧ではなくワークに集中させてもらった。
約270ドル。円安で約34,000円なんで、ちょっと高いですな。

今回のエアワーク内容

・30度バンク、360度レベルターン
・45度バンク、360度レベルターン
・トラパタ タッチアンドゴー×3回
※スロットル、フラップ、ラダーも操作

フライトルート

training.png

フライト動画

GOPRO2015で撮影。


今回は風が強くて相当揺れました。
接地時もふらふらで結構怖かった(^^;

Piperアーチャー 体験操縦 [Flight Training]

3回目となった単発機の操縦。

恒例となりつつあるハワイワシンエアーさんで、機材はパイパーアーチャーII(PA28-181)。

piper.jpg

今回でトータル3時間目のフライト。

初回はグアムでバタバタのフライト。
2回目はハワイでタッチアンドゴーを重点的に3回。
3回目となる今回は、最近自宅でも練習しているエアワークを重点的に指導してもらうよう豊岡教官にお願い。

今回のおおよそのフライトルートはこんな感じ。
2013route.jpg

エアワークの内容

・一定レベルをキープしつつ、30度バンクでの旋回
・スピードを維持したまま規定高度までの上昇、下降
・30度バンクをキープしつつ、規定高度までの上昇、下降
・失速状態での緊急着陸、およびタッチアンドゴー
・トリムによる姿勢コントロール
・フラップ操作
・ATC周波数操作

これがまた難しい。。。
はっきり言ってパニック。
計器じゃなくて、その姿勢を維持している時の水平線の位置を覚える、というのが指摘されてもなかなかできるもんじゃない。
おまけに風もあるし、トラフィックもあるし。

やっぱり、実機は楽しいなぁ。
親族は怖がって乗りたがらないけど(^^;

後で教官に聞いた話だと、素人向けにはあまりやらない実践的な訓練をやらせてもらったとのこと。
ある程度技量を見ながら少しずつ難易度をあげてくれたみたいで、スロットル、フラップ、バンド切り替えなどかなりの作業をやらせていただきました!

で、誰も同乗してくれなかったわけですが、動画撮影のオプション(約$80)を依頼したので、そこからの抜粋動画。
(著作権大丈夫かな?)



やっぱり、免許取りたいなぁ。。。

最高っ!!(><)


VATSIM 月例イベント 2013.10.25 [Flight Training]

恒例の月例イベント”East Meets WEST”でフライトしたのでその模様を撮影してみました。
オーバーヘッドを設置して初めての本格的なフライトです。

いろいろミスってますが、一通りのハンドオフの流れは分って頂けると思います。

それにしても最近のイベント時のフライト機数は相当なもので、管制官の方はご苦労されていることと思います。
お疲れさまです!



※なお、終盤で無線周波数を確認する際に誤って(焦って)ポーズを押してしまいましたが、これはVATSIMでは禁止行為ですので、絶対にやらないようにご注意ください。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ


会社仲間とのコックピット体験会! [Flight Training]

最近すっかりお世話になりっぱなし(毎週?w)のLUXURY FLIGHTさんで、会社仲間を集めてコックピット体験会を開催しました。

男性3名、女性4名で体験操縦!

羽田RWY34Rから離陸してトラパタを回ってILSでアプローチ、着陸という15-20分コース。
社長に変わりド素人の横で操縦方法を教えるわけですが、この教え方がまた難しい!!
自分で操縦するのとは全く大違い!

教えると、自分が知らないことやなんとなくやってたんだなってことがわかります。
教えて教えられるとはよく言ったものです。
この”なんとなく”の感覚から出て、なぜそういう操作をしたのかが自分ではっきりわかっていないと、結果的にどういう姿勢になっているのか、どういうフライトになったか、というのがわからんのですな。

これからも岸田社長にびしびし鍛えてもらおうと思っております。

最後にパチリ(^^
event.jpg

会社仲間で貸切ってフライトするってのもなかなか楽しいもんです(^^

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ






マニュアルフライトの魅力 [Flight Training]

最近マニュアルフライトにはまってます。

とあるきっかけで本職の方に教えていただいたんですが、本物は想像以上にシビアですね。

例えば、スピード180kt、高度10,000ftからヘディング、スピードを維持したまま500ft/mで降下し、9,000ftでビタっとレベルオフせよ。

という例題があったとして、これがまぁ、できません(笑)

すみません、操縦なめてました・・・orz

いやいやそんなもん簡単でしょーとか言っちゃてるそこのあなた!!
是非やってみてください。
できたらすごいっす。

マニュアルなので、当然オートパイロットオフ、オートスロットルもオフで、FD、FPVもカットします。
すると、頼りにできるのはピッチ、N1、スピード、昇降率、ヘディングくらいなもんです。
なんて心もとないんでしょう・・・。

ちなみに、以下のような課題がパーフェクトだぜ!というツワモノはその動画を撮影してyoutubeにアップロードの上、ここで紹介してください!

以下、課題

<条件>
AP、AT、FD、FPV全てオフ

<課題>
1.加減速
高度10,000ft維持 誤差±20ft
ヘディング維持 誤差±1度
スピード 220ktから200ktへ減速
※1分以内

2.降下、上昇
スピード200kt維持 誤差±2kt
ヘディング維持   誤差±1度
高度10,000ftから9,000ftへ500ft/mで降下してレベルオフ 誤差20ft

3.一定高度での旋回
スピード200kt維持 誤差±2kt
高度10,000ft維持 誤差±20ft
25度バンクを維持し、180度旋回
※2分以内

4.一定降下率での旋回
スピード200kt維持 誤差±2kt
高度10,000ftから9,000ftへ500ft/mで降下しレベルオフ 誤差±20ft
25度バンクを維持し、180度旋回
※2分以内

ちなみに、レベルターンをホームコックピットで初めてまともにやってみた動画がこれ。
ピッチ低いわ、スピード落ちてるわで不合格!!



もうぼろぼろ・・・
いや、これは奥深いですよまじで。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ


Flight Training ブログトップ