So-net無料ブログ作成
検索選択

Jetstream用ライトアドオン - Larry's Lights - [Prepar3D]

先日啓徳へのランディング動画をアップした際にharuさんからコメントを頂きました。

「Prepar3Dはランディングライトが綺麗ですなぁ」

と。

そうなのかなーと思って研究開始。

最近、そっち方向(どっち?)はこだわってなかったんですが、改めて探してみるとありました。
ライトの質感を変えるJetstream用のアドオンが。

結果から行くとこんな感じになります。

dsc_6599.jpg

dsc_6601.jpg

おっ。

違う違うー。

比較用にProsim JetstreamのB738デフォルト2Dのライト。
dsc_6604.jpg

べたーっとしてます。

同じくデフォルトの3D。
dsc_6605.jpg

Retractableに多少明暗がついてます。
知らなかったんですが、デフォルトでも2Dと3Dでは微妙にエフェクトが違うんですねー。
3Dの方が自分は好きです。

このライトの表現を変えてくれるのが、”Larry's Lights”です。

Prosimのフォーラムにあげてくれてるんですが、アップデートがありすぎてわかりにくいので、まとめてDropboxにあげておきました。

ファイル
https://www.dropbox.com/sh/l71evrnd5zwoz5c/AACZgdtNXIvBb9dw37NkaGjLa?dl=0

導入手順は以下の通り。

①のrarファイルを展開。
→展開したファイルをP3Dのsimobjects、Jetstreamのフォルダコピー、上書き

→Prosim_Interior.MDLを利用するため、以下のようにMDLファイルを変更。

[models]
normal=Prosim738
interior=Prosim738_interior

→これを②、③、、、⑥と繰り返しながら、該当するファイルをすべて上書きしていく。

・・・と、導入できます。

元のJetstreamのフォルダはバックアップを忘れずに。
自己責任です。
どうなっても知りません。


更新したライトを個別に見ていくとこんな感じ。

Taxi Lights
dsc_6596.jpg

Landing Retractable
dsc_6598.jpg

Landing Inboard
dsc_6597.jpg

Turn Off
dsc_6600.jpg

全点灯
dsc_6599.jpg

好みがあるんで一概には言えませんが、僕はこのライトエフェクト大好きですねぇ。
質感がまるで違います。

Turn Offなんて今まで全然意識してなかったけど、これ点灯させると右左折時にきちんとそこを照らしてくれるし、ちょっと感動。



自分の場合はここでもうひと手間。

このエフェクトは3Dビューでしか利用できません。
この3Dってのが曲者で、デフォルトの設定だと”揺れ”のエフェクトがかかります。
例えば加速するときは視野が上にあがり、ブレーキを踏むと視野が下にさがります。
これが結構邪魔。
迷惑。

なので、この揺れエフェクトを消去します。
以下フォルダ内のファイルを開き、「MomentumEffect」=No に変えてやります。

C:\Documents and Settings\your name\Application Data\Prepar3D\Camera.cfg

[CameraDefinition.002]
Title = Virtual Cockpit
Guid = {C95EAB58-9E4A-4E2A-A34C-D8D9D948F078}
Description = This is the description of the virtual cockpit view.
Origin = Virtual Cockpit
MomentumEffect = No ←ここ!!

これで3Dの不要な揺れエフェクトが消えて、純粋にライトエフェクトを楽しめます。

夜の空港でライトスイッチの順番もきちんとシミュレーションしながら、プッシュバック、タキシング、離陸するという楽しみが増えました。

というわけで、ライトの効果を楽しむべく、タキシングからトラパタ回ってみました。

ROIG RW04 夜間トラパタ


いいですなー。

PC換装 [Prepar3D]

ebayWindows7 64bit Professionalをゲットしたので、PCを換装します。

今回仕入れたものは以下の通り。

Core i7 4790K
IMG_0031.JPG

ASRock Z97 Extream4
IMG_0030.JPG

ADATA SSD 256GB
IMG_0032.JPG

というわけで、早速組立。
IMG_0035.JPG

OSの起動が尋常じゃなく早い!!!
電源入れてから10秒くらいで起動してしまう。
技術ってすごいなぁ・・・。

OSもUS版になったし、無事稼働することを祈りつつ、Prepar3Dをぼちぼち入れていくことにします。

Prepar3D v2.5 導入 [Prepar3D]

いよいよPrepar3Dへ移行してみることにしました。
バージョンは2.5の最新版。

Untitled.png

FS2004が安定して動作してるし、軽快に動くのが好きなのでこのままでもいいんですが、Youtubeを見ているとPrepar3Dの画像がきれいだし、アドオンが充実してきていることやアップデートされていくソフトウェアであることも考え、トライしてみることに。

FSXは起動が失敗したり、フライト中に落ちたり、Immersive Displayとの相性も良くなかったりと散々なのに対し、どうやらPrepar3Dはバグが修正され安定しているらしいですね。

さっそくロッキードマーチン社のサイトでPrepar3Dを購入。
インストール!

Zepherさんのブログを参考に、海にドボン問題はすぐに解決。

・・・が、”設定”ができない…。

時間、天気だけならまだしもコントロール系や表示の設定が全部だめ。
変更できるのはできるのは機体と空港の変更のみ。

設定画面を表示して、設定完了を押すとPrepar3DにFatal Errorなるものが出て強制終了となってしまってまともに飛ぶこともできず、まったく使い物にならない。

いろいろググっても解決方法がないし。

うーん困った。。。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。